9つの習慣(普通の人向け!)まずはここから始めましょう!「過去の自分を裁く」とは

一色真宇です。こんにちは。

さて、前回につづいて、「自分革命」(角川フォレスタ刊)より
成功するための9つの習慣をご紹介します。

きょうは、2つ目「過去の自分を裁く」です。

これはびっくりかもしませんね。

精神世界系の人や、心理学系の多くの人は、
「人を許す」とか、「過去の自分を認める」と言いますよね。

でも、お勧めは、「過去の自分を裁く」ことです。

これはどういうことでしょうか。

たとえば、あなたがもし、社長になったとします。

そのとき、仕事を休みがちで、仕事中もため息ばかり。
完成度の高い仕事ができず、
そのくせ給料が低いと愚痴ばかり。

こんな社員、どう思いますか?

社長のあなたはこんな社員に給料を払わなければいけません。
払いたくないですよね?

で、もし「辞めてくれ」と言ったとしたら、社員はどう言うと思いますか?

もしかすると、「労働局に訴える!」
「慰謝料として、退職金を割り増ししてくれ」
と言うかもしれません。
あなたは踏んだりけったりですよね。

こんなだらしない社員に今までお金を払ってきて、
辞めてもらおうと思ったら、今度は訴えると言われる。

こんな悪魔のような社員が来ては困ります。

…でも、もしかすると、あなたはむかし、こんな社員だったかもしれません。

口には出さなくても、実際に社長を訴えないとしても、
心の中で思っていたら同じです。
そして、いまでも、

「あの時の自分は悪くないのに、社長がひどい人だった」
と思っているとしたら、

あなたは決して成功できません。

もし、あなたが社長になったとき、こんな社員に困ることになるのが、
潜在意識の中ではわかっているからです。

ですから、社長になる前に、
「こんな社員はダメだ。絶対に許さない」と思うことです。
そして、過去の自分が言い訳して、

「いや、あの社長が悪いのであって、自分は悪くない。
体調も悪かったし、条件も悪かった」
などと言うのを許してはいけません。

どんな言い訳も許さずに、
「自分が怠慢で、努力が足りないとちゃんと認めなさい」
と過去の自分に言います。

過去の自分がしおらしく、
「本当に申し訳ありませんでした」

というイメージになれば、大丈夫です。
あなたが社長になったとき、こんな社員はこないでしょう。

「いや、そんなことはない。絶対にあの時の社長が悪い」と
もし過去の自分が言うなら、成功するのはあきらめなければいけません。

こんなふうに、過去の自分のわがままや怠慢さに
いつまでも気づかず、「あのときの自分には事情があるのだ」と
許している限り、成功には程遠いのです。
ですから、ちゃんと過去の自分を裁く厳しさを持ちましょう。

こちらのブログも参考にどうぞ!

仕事自分の心理学・佐藤麗子のブログ
「心の手術室」白鳥ますみのブログ
一色真宇直伝セラピー塾出身のフラクタル心理カウンセラー坂本享子のブログ
一色真宇直伝セラピー塾出身のフラクタル心理カウンセラー高橋治子のブログ
マダムおかん副島れい子のブログ