「自分革命」出版記念セミナーより その1 脳が発達していないまま育つ

[出版記念セミナー大阪講演より]
今日は、「自分革命」の本の解説をしたいと思います。
脳は発達できるのですが、時間がかかります。
ですから、早く取り組まないと、もったいないですね。
子どもを育てるのも同じで、時間がかかりますよね。
ですから、自分の脳も育てるのに時間がかかりますから、
早く始めてくださいね。
脳の発達って、いったいなに?
子どもの頃は、後ろの脳は発達しているんですが、
前のほうの脳は、しわがありません。
未開発なまま、生まれてきます。
これはどういうことでしょうか。
自分の脳が発達していないまま、親の言葉をきいていたんです。
そして、感情を動かしていて、
世の中を感じ取ったんですね。
これはよく考えると、大変なことですよ。
なにしろ、子どもの頃に受け取ったものが
脳の土台となって、
その後もそれをもとに世の中を判断するのです。
これはたいへんなことですね。
なにしろ、言葉もろくにわかりません。
それなのに、親の言葉を勝手に推測して、
いま、お父さんはこう言った、
お母さんはこう言ったと
思い込んでいますが、
それはほとんど間違ったものなのです。
それが間違いだとわからないまま、
大人になりました。
大変でしょう?

(つづく)
1/17は仙台で出版記念セミナーが開催されます!