マスターTAW初級とは

マスターTAWの初級は、全部で六日間です。
ここでは、自分に起きるいろいろな出来事は、
実は自分の勝手な感情が引き寄せている
、ということを学びます。
いろいろな出来事が起きているようでも、
実は、その根っこはいつも同じ感情だったりします。
それは子どもの頃に体験したものです。
そして、その修正法を学びます。
すると、たった一つの修正で、あれこれ起きていた出来事が、
芋づる式に減っていきます。

ここまでは、一般的な心理療法と似ています。
しかし、TAWは、その修正の方向性が根本的に違います。
一般的な修正法では、
子どもの頃の体験を修正するときに、
たとえば、見捨てられたような気がしている子どもには、
「お母さんはあなたを見捨てたんじゃないよ。
いい子で待っていようね。お母さんは戻ってくるからね」
というようなやり方で子どもの頃の体験を癒すのです。
しかし、TAWは絶対にこのような修正は行いません
これをやってしまうと、あなたが母親になったときに、
とても困るからです。
もちろん、今すでに母親である人は、このやり方で修正しても、
いつまでたってもどこかすっきりしないことに気づくでしょう。
これは不完全な修正なのです。
では、どうやったら完全な修正になるでしょうか?
それは、その出来事を「被害者」としての立場でとらえるのではなく、
自分が創りだした、としてとらえることです。
「お母さんはたまたま用があって出かけた」
では、「おいて行かれたかわいそうな私」ですが、
「お母さんに出かけてほしかった」のだとしたら?
本当は、一人になりたかったのだとしたら?
なにしろ、私たちは「思考が現実化する」世界にいます。
本当にそう考えるならば、
自分が意図しないことは、何一つ起きないのです。
この視点で、子どもの頃の体験を修正すると、
アラ不思議! 心が心底解放されて、
別の自分が現れます。
いつもどこかで、「自分らしく生きたいのに、生きられない」
と感じているかた、
ぜひマスターTAW初級を受けてくださいね。

全国の開催情報はこちら