マスターTAW入門とは

TAWってなに? というかたが多いかと思いますが、
TAWは、東洋に昔からある一元論をベースにしたもの
つまり、世界は自分の思考の投影である、
という考え方をもとにしています。
だからこそ、
「思考が現実化する。100%例外なく」ということなのです。
世界が投影でできているというのは、
世界が映画のマトリックスのように、
自分の認識したものを現実だと思っている、というのに似ています。
しかし、TAWはもっと現実的。
いくら「世界は自分の思考の投影」といっても、
やっぱり、世界は確かにある、と言いたいですよね。
それにはわけがあるのです。
それは中級あたりでわかってきますので、入門ではそのまま受け入れて学びましょう。
入門では、目からウロコどころか、多くの人が
「頭に手をつっこまれて、脳みそをひっくり返されたよう」
と言います。

入門初日の夜は、みんな頭がぐるんぐるんします。
TAWは、一般的な常識を超えているので、
初めて聞いたときには、そうなるのです。
ところがおもしろいことに、入門の2日目が終わるころには、
脳が着地しています。
はじめての驚くべきことを学んだばかりなのに、
なんだかすっきりするのです。
これは、TAWの考え方が、脳の使い方と合っているから。
脳は、すべて内側に情報があるのです。
外側から来るものはないのです。
TAWは、すべて自分発信で考えます。
だから、脳の使い方に合うのです。

入門を学ぶには、
http://www.taw.ac/seminar/list.php
こちらから。